【新レギュ】ミライドンexを採用したデッキをご紹介!!!【バイオレットex】

ミライドンサムネデッキ紹介

お世話になっています。J.T.Parkです。
皆様、ポケモンカードゲームやっていらっしゃいますでしょうか。

さて、新レギュが迫っているということはDレギュが終わるという事。

ストレージ2つ分(約3200枚)あるDレギュのカードを一体どうするのかが悩みの種です。

トレーナーズは残しておいてもいいかな、なんて思いますが、今後も特に使い道がないであろうシンプラポケモン達の処遇には頭を悩まさざるをえません。

皆様はどうやってDレギュのカードを保管しますか?

さて、今回は新レギュ大注目カード【ミライドンex】を扱っていきます。

よろしくお願いします。

今回の主役

今回は「バイオレット」収録の【ミライドンex】です。

ミライドンex
ミライドンex

特性 タンデムユニット
自分の番に1回使える。自分の山札から基本雷タイプのたねポケモンを2枚まで選び、ベンチに出す。そして山札を切る。

基本雷基本雷基本無色 フォトンブラスター 220
次の自分の番、このポケモンはワザが使えない。

待ってました、雷タイプ復権の時です。

Dレギュ開始当初に登場したザシアンVを思わせる強力な一枚で、是非使ってくれ、というポケモンカード公式からの圧を感じずにはいられません。

この強さゆえに、4枚そろえるのに若干苦労しそうです。

特性:タンデムユニットは場に自分の山札から好きな雷タイプのたねポケモンを持ってくることが出来ます。

この特性の強みといえば

  • 最初のターンから使えて、デッキの安定感に繋がる
  • 手札から出さなくても使う事が出来る
  • クロバットVなどと違い、同じターンでもミライドンごとに特性が使える
  • 使ってもターンが終わらない(とても大切)

このあたりだと思います。

【雷のたねポケモン】しか持ってくることができないのでどのデッキにも使いたい、というわけにはいきませんが、雷では間違いなく必須になるポケモンです。

ワザ:フォトンブラスターは、3エネで220点という非常に標準的なワザで、使うと、ベンチと入れ替えるなどをしない限り、連続でワザを使うことができません。

欲を言えば多くのポケモンVに強く出ることができる230点が欲しかったです。

今回はこんな強力ミライドンexを使ったデッキを2パターンご紹介します。

デッキリスト

ミライドン/モココバレット

ミライドンモココ
デッキコード:K448Gc-wRRGhm-xxDJxx

雷バレット超絶強化

筆者的にオススメはこのデッキです。

アタッカ―が多様で使っていて面白く、モココがプレミアムトレーナーズボックスで再録されたり、新録のカードがあまり必要ないためお安く組める点も魅力です。

このデッキのクオリティはモココをどれだけ立てることができるか、その後のアタッカーをいかに切らさないで戦うことができるか、ということが大切になってきます。

この二つの目的を手厚くサポートしてくれるのが、ミライドンexです。

今までは、ボール系や嵐の山脈を使ってもメリープを1枚しか出すことができませんでしたが、これからはネストボールやハイパーボールでミライドンexをもってくるだけでメリープ2枚に化けることになります。

レベルボールをモココに使いやすくなったことで、モココへのアクセスも容易になり、雷デッキの安定感は一つ上のステージに行ったと言っても過言ではないでしょう。

バレットデッキなので、元々たねポケモン中心で組まれていたデッキということもあり、コライドンでアタッカーを絶えず用意することができるのはもちろん、コライドンの特性が止められてしまっても、自身で攻撃できる点も非常に強力になっています。

他の採用カードに関しては、カードの項目で一部ご紹介していきます。

ミライドン/レジエレキVMAX

ミライドンレジエレキ
デッキコード:gLngiN-QFXf8b-QiLgLN

単騎でも十分に戦うことができる

ミライドンにとことん戦ってもらうデッキです。

エレキジェネレーター

新グッズ:エレキジェネレーターは山札の上から5枚をみて、その中から2枚まで基本雷エネルギーをベンチのポケモンに好きなようにつけることができます。

1ターンで使用回数制限のないグッズであり、便利なエネルギー加速手段ではあるものの、デッキの上から5枚しかみることができない、ベンチにしかつけることができないと言った欠点も抱えています。

そこで、ミュウレジエレキとの組み合わせが強力になると考えました。

ビーチコート

ミュウをバトル場に出してグッズをサーチしつつ、ベンチのミライドンにエネルギーを加速し、自身は逃げエネが1であるため、新スタジアム:ビーチコートで自由に逃げることができます。

レジエレキVMAXは特性:トランジスタでミライドンの火力をパンプアップしてくれますし、逃げエネが0という点も非常に魅力です。

ダブルターボエネルギーも採用すれば、エレキジェネレーターと合わせて、比較的容易にレジエレキVMAXでの攻撃も可能になってきます。

ミライドンexのタンデムユニットやミュウのふしぎなしっぽでデッキからエネルギー以外のカードをどんどん抜きつつ、トラッシュのエネルギーをエネルギーリサイクルでデッキに戻して、エレキジェネレーターでどんどん基本雷エネルギーを加速していく、というようなことも可能です。

カード

ポケモン

ミライドンex:2枚

ミライドンex

場の展開役、兼サブアタッカーです。

クイックボールが落ち、メインのボールがネストボールになってしまいましたが、ベンチに直接出しても特性が十分に発揮できることが本当にえらいです。

フォトンブラスターに必要なエネルギーは少し重たいですが、モココで十分に補うことができる範囲に収まっています。

逃げエネ1な点も非常に優秀な1枚です。

デンリュウex:1枚、モココ:4枚、メリープ:4枚

モココライン

ふつうのつりざおが無くなってしまい、サポートを使わないと山にポケモンが戻せなくなってしまったため、メリープ ー モココはともに4枚ずつの採用になります。

デンリュウexは他のアタッカーと打点が似たり寄ったりであるものの、とられるサイドは2枚ながら330点という圧倒的に高いHPを持っているため、選択肢の一つとして採用しています。

ライコウV:1枚

ライコウV

ライコウVは特性:しゅんそくが便利であり、2エネで動けるため他のアタッカーより戦い始めやすいことから採用しています。

使い勝手の良いアタッカーがほかに見つかった場合には、真っ先に検討する枠でもあります。

かがやくゲッコウガ:1枚

かがやくゲッコウガ

クイックボールがなくなってしまい、トラッシュにエネルギーを送る方法が減ってしまっていることから、かがやくポケモンはゲッコウガの採用が最善と考えています。

ミライドンexでポケモンは準備しやすいですが、ドローする手段自体は多くないこともゲッコウガの採用を後押ししています。

ドラピオンV:1枚

ドラピオンV

ミュウVMAXへの回答であることはもちろん、エレキダイナモがあるおかげでこくばバドレックスVMAXにも強く出ることが出来ます。

今回、たねポケモンが12枚いるためドラピオンVスタートの確率は約8%、自分はやらかさないと信じましょう。

グッズ

ネストボール:2枚、ハイパーボール:4枚、レベルボール:4枚

ボール

手札から出さないと特性を発揮してくれないポケモンはこのデッキにはいないため、ベンチに直接出さないといけないネストボールの縛りによる影響はこのデッキではありません。

バランスとして、エネルギーをトラッシュに送る手段が少ないため、ネストボールよりハイパーボールを厚く採用しています。

レベルボールはメリープ ー モココライン専用のボールです。
今回は特にレベルボールを厚めに採用しているため、カード枚数の調整はレベルボールとの相談から始まるでしょう。

あなぬけのヒモ:2枚

あなぬけのヒモ

クレッフィというお手軽パワーカードが出てきてしまい、「先攻1ターン目、バトル場にクレッフィを置いて終了」という行動をとられてしまうと初動のミライドンを止められてしまうため、あなぬけのヒモは重要なカードになります。

サポート

セレナ:1枚

セレナ

雷エネルギートラッシュ要員兼ボスの指令替わりです。

ポケモンexが出てきたとはいえ、VSTARやVMAX自体は元気なので完全に不要になるのはまだ先になると思っています。

ミモザ:1枚

ミモザ

ふつうのつりざおがいなくなってしまったのでトラッシュから山にポケモンを戻すために採用しています。

タンデムユニットのおかげでたねポケモンアタッカーであれば山に戻しても、ボールを挟まないまますぐに持ってくることができるので、ミライドンは本当に便利です。

スタジアム

ビーチコート:1枚

ビーチコート

モココがベンチにしかエネルギーを加速することが出来ないため、逃げエネを軽くできるのは魅力になります。

ただ、逃げエネをトラッシュすることでトラッシュのエネルギーを増やすこともあるため、引いたら貼るという訳でもありません。

嵐の山脈:1枚

嵐の山脈

雪道をはがせて、ビーチコート以外の選択肢が欲しかったため、あっても無駄にならない嵐の山脈も採用しています。

エネルギー

基本雷エネルギー:11枚

基本雷エネルギー

必要最低限だと感じています。
本当はもっと入れたいです。

入れ替え候補

今回も、最後まで採用を悩みに悩んだりもしたカードたちをご紹介します。

ロトムV

ロトムV

特性:そくせきじゅうでん魅力です。

1ターン目に攻撃することが出来ないので、ミライドンで持ってきてロトムで終わるのも可能性の一つかなと考えたりもしましたが、さすがにやめました。

ブロロローム

ブロロローム

トラッシュにエネルギーを送りながらしっかりとドローソースになってくれることが魅力ですが、ベンチに置いている場所がないという事で諦めました。

まけんきハチマキ

まけんきハチマキ

ポケモンVたちのHPが低いこともあり、簡単に倒されかねないのでベルトではなくこちらの採用もありだと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

雷デッキ好きとしてもミライドンexは本当に楽しみなカードです。

お手頃価格に落ち着くことを願っています。

今回は以上になります。
また次回別の記事でお目にかかれればと思います。