【実録】シールド戦に備えてパックを剥いてデッキを組んでみよう【白熱のアルカナ】

サムネカード紹介

お世話になっています。J.T.Parkです。
皆様、ポケモンカードゲームやってらっしゃいますでしょうか。

最近はいくらか涼しくなってきました。

風が気持ちいいな、などと思いながら街中を移動していると、小学校などでは運動会の練習をしており、いろいろな角度で秋が迫っていることを実感します。

皆様は秋、感じられていますか?

さて、今回はシールド戦に向けた記事になります。

お付き合いください。

はじめに

正直、シールド戦難しすぎますよね。

引いたカードに左右され、そこからのデッキの組み立てに経験が必要になり、さらにサイドプランなどプレイングも大切になってくる。

この難しさから少しでも解放される方法を考えてみましたが、カードのヒキをよくする方法はなく、プレイングは日々の研鑽の中で培われるもの以外にないため、楽を出来るポイントは結局デッキの組み立てをいかに素早く終わらせるか、くらいしかありませんでした。

そこで、今回の記事では実際に引いたパックからデッキを作り上げる工程をご紹介。
シールド戦時にデッキを組むのに抑えたいポイントを解説していきます。

加えて、複数の開封結果とそこから作ったデッキをご紹介し、デッキを組む際の引き出しを皆様の脳内に増やしていただくことで、カードピックアップの時短を目指し、本番では時間と心に余裕を持てるようにしていただきたいと思います。

よろしくお付き合いください。

1.今回の10パック

シールド戦1
シールド戦2

今回実際に引いた10パックの中身をご紹介。

以下にリスト化したものも用意しました。

リスト化

デッキコード:g6HQQg-IdtgGI-LLgnQn

では早速、デッキに使いたいカードをピックアップしていきましょう。

2. 使いたいカードをピックアップ

当サイトの記事で、当日引いたらピックしたいカードをまとめているものがあるので、よろしければ一緒にご覧ください。

ポケモンV、VSTAR

まずV、VSTAR枠を確認してみると

クチートVSTARライン、マギアナVがいます。

マギアナVはワザを使うには必要なエネルギーの条件が高いため今回は外し、エネルギーの汎用性も高く、VSTARパワーも強力なクチートVSTARを中心に据えていこうと思います。

クチートV

かがやくポケモン

かがやくポケモンは今回フーディンということで、全体的に低い打点をダメカンを特性:ペインスプーンにより動かせることで調整することが出来るため、間違いなく採用です。

かがやくフーディン

グッズ

ポケモンいれかえ、きんきゅうゼリー、キャプチャーアロマの3枚が当たりました。
3枚とも採用です。

ポケモンいれかえ、キャプチャーアロマは考える必要もありません。

きんきゅうゼリーはクチートVSTARに使う事はもちろん、HP100台のアタッカーになるポケモン達にも使い道があるため採用します。

サポート

ふりそで、ジャッジマン、ミクリが当たりました。
当然全部採用です。

手札を増やし、ポケモンをベンチに並べないことには戦うこともできません。

エネルギー

ダブルターボエネルギー、Vガードエネルギーが当たりました。
全部採用です。

今回の「白熱のアルカナ」のリストを見てみると、意外とダブルターボエネルギーに対応しているワザが多く、優秀な逃げエネにもなってくれるため採用しておいて間違いはありません。

Vガードエネルギーも貼り得なエネルギーなので入れておきましょう。

シングルプライズ(非ルール)のポケモン

ここからが大変な作業になってきます。

まず、ドローソースになるという点で、ラルトス‐キルリア、ペラップは採用です。

ラルトスはシールド戦において非常に強力なワザ:メモリースキップを持っており、相手の動きを縛ることはもちろん、ドローソースが限られる中で逃げるためにエネルギーをトラッシュさせることができたり、進化すればキルリアの特性:リファインが優秀なドローソースになります。

キルリアライン

ペラップワザ:サイクルドローを使う事はもちろん、逃げエネ0である点が優秀なので採用します。
ふりそででペラップを持ってきて場に出す、という動きも強力です。

ペラップ

エネ加速要因としてドーブルも入れておき、エネルギーの安定と山札圧縮も狙います。

ドーブル

肝心のアタッカーですが、ぱっと見だけでも優秀なアタッカーとして

・チルタリス
・ザシアン
・フリーザー

がいます。

チルタリスはエネルギーの色を選ばず、中終盤での活躍が見込まれるため採用です。

チルタリスライン

ザシアンもフリーザーも採用したいですが、ここでエネルギーの色を考えると

1.メインのVSTARであるクチートVSTARはエネルギー色を選ばないが、クチートVは超エネが必要だが相手のエネルギーを破壊出来るかもしれないワザ:ふきげんスラップを持っている。
2.かがやくフーディンのワザ:マインドルーラーが、手札を貯めこみやすいシールド戦においては強力になってくる
3.ラルトスのワザ:メモリースキップも超エネが必要

という点で超エネは必須の採用になると考えると、ドローソースが弱いシールド戦であれば、さすがにエネルギーは2色が限界と考えるのが妥当となり、ザシアンとフリーザー、どちらを採用するか考える必要が出てきます。

ここで筆者はフリーザーを選択しました。

理由としては

1.さすがにマヒは強力すぎ
2.きんきゅうゼリーが当たっているので、自傷効果もチャラに出来る可能性がある

という2点です。

逆にきんきゅうゼリーという1押しがなければ、ワザに必要なエネルギーの少ないザシアンを選んでいたかもしれません。

最後にダブルターボエネルギーが2枚当たっているので、早いターンに使う事が出来ると強力なサポーターになってくれるバドレックスも採用しようと思います。

3. 試してみる

ピックで考えた事をもとに40枚に押し込んでみました。

シールド戦用
デッキコード:gnLnLn-Rz2TRu-LnH6Ln

デッキコード:gnLnLn-Rz2TRu-LnH6Ln

会場でジュンは1枚支給されるのでジュンはもちろん採用し、エネルギーの配分は使いどころの多い超エネを多く採用しました。

あとはサポートまで使える後攻1ターン目の動きを10回ぐらい繰り返し、最低限形になっていることを確認してデッキ作成終了です。

デッキサンプル

当サイトのライターに募りまして、実際に引いた10パックのデータとそこから組んだデッキリストをご紹介します。

完全な正解というのは難しいですが、このパックから組むならこうなるよな、というような結果を見ることで、

サンプル1

開封結果

デッキコード:5dfFfk-yK4jT5-dFFwFk

デッキコード:5dfFfk-yK4jT5-dFFwFk

まず何と言ってもダブルターボエネルギーが3枚出ているため、ダブルターボエネルギーに対応しているポケモンを中心に組んでいけると強力です。

他にも、元からサイドが少ないシールド戦なので早い段階から最高火力が出しやすいミュウツーやサーナイトの進化ラインがそろっているため、超エネに対応したワザを持っているポケモンで組めると強力なデッキを組むことが出来そうです。

組んだデッキ

デッキコード:QinLHn-Y0OpM9-HnN6H

ダブルターボエネルギーに対応しているジャローダVSTARやチルタリス、バドレックス、ルージュラを採用しています。

エンテイも無色3エネということでダブルターボに対応しつつ、草や鋼タイプに弱点が取れるため採用しています。

サンプル2

開封結果

デッキコード:FkwFvw-ZfH1OZ-5dFkFf

デッキコード:FkwFvw-ZfH1OZ-5dFkFf

エネルギーの色に縛られづらいクチートVSTARラインが出たため、クチートを主軸に考えることが安パイです。

ほかのポイントとしては、ワザ:なかまをよぶを持つヤトウモリが多く出ているため、採用しておくと安定感を出すことが出来そうです。

組んだデッキ

デッキコード:xccG84-EcfPYo-8x8JK8

クチートVSTARを筆頭に、強力なミュウツーもいるため超エネがデッキの軸になりました。

ヤトウモリに合わせてエンニュートも出ており、ワザ:しっぽでまどわすが相手を混乱にしてくれるため、ターンを稼いでくれたり、こんらんを嫌がってエネルギーを切って逃げてくれることも期待できるため採用しています。

サンプル3

開封結果

デッキコード:DG8c4c-nWkIzM-8K4a88

デッキコード:DG8c4c-nWkIzM-8K4a88

ダブルターボエネルギーを引くことができなかったため、エネルギーを手張り以外で用意できるポケモンが大切になってくると考えられます。

組んだデッキ

デッキコード:ngn99L-TtubIP-6PgLgn

自身でエネルギーを用意できて、ワザも強力なレシラムVはダブルターボエネルギーがない今回は特に採用間違いなしです。

かがやくジラーチを場に出して盾になってもらったり、レシラムVで相手をなぎ倒しながら、後続を育てていきましょう。

サンプル4

開封結果

デッキコード:YGcK8Y-EMi537-8Ycccx

デッキコード:YGcK8Y-EMi537-8Ycccx

レシラムVやヒスイドレディア、ギギギアルライン、ドーブルなどエネルギーが用意しやすいポケモンが揃っている印象です。

組んだデッキ

デッキコード:yEXpR3-n6krF9-pMyM3R

ダブルターボエネルギーが引けているので、バドレックスやジャローダVSTAR、チルタリスを採用しています

場のエネルギーの数だけ火力が上がるナッシーもいるので、ギギギアルでエネルギー加速をする際にある程度エネルギーを盤面にばらけさせても戦うことができます。

サンプル5

開封結果

デッキコード:HnLnNn-DmVSpj-g6gQ6i

デッキコード:HnLnNn-DmVSpj-g6gQ6i

ロコンVが出ており、ミロカロスライン、フリーザーなど、強力な水ポケモンが出たため水エネルギーを軸に組むのが良さそうです。

組んだデッキ

デッキコード:k15FVV-wlqyU7-kkkwVb

ロコンV、VSTAR共にエネルギーなしで攻撃できる、という点が魅力になってきます。

ロコンへのエネルギーは後回しにして、強力なフリーザーやミロカロスの準備をしつつ、ロコンVSTARが耐えた分のダメージはチルタリスで相手に返すという戦法を取ることが出来ます。

サンプル6

開封結果

デッキコード:n66HgL-Suu4KC-gN9ngn

デッキコード:n66HgL-Suu4KC-gN9ngn

サーナイトラインが揃っているのがかなり魅力的です。
ホウオウVも出ているためシナジーも感じます。

他にもミロカロスラインが2-2で出ていたり、フリーザーが出ている点もかなりポイントが高いです。

組んだデッキ

シールド戦
デッキコード:yUy3pM-ljBL4R-Xp23yM

シールド戦でホウオウVにエネルギーを4色つけるのはあまり現実的ではないので、2回攻撃で確実にどのVSTARでも落とせるラインの2色でデッキを組んでいます。

Vガードエネルギーも出ているのでエネルギーのついたホウオウVにつけてあげることができると耐久力も上がってVSTARともかなり戦いやすくなると思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

デッキサンプルの項目ではかなり駆け足の解説になってしまいましたが、少しでも当日のお役にたてればと思います。

デッキサンプルの欄に貼ったデッキコードのリンクからカードリストを見ることが出来ますので、自己流で組んで遊んでみるのもオススメです。

今回は以上になります。
また次回別の記事でお目にかかれればと思います。